整理整頓から始める人生計画

relax

男女問わず、悩みとして挙げられるのが片付けられないということでしょうか。片付けに関する書籍も、近年では書店に次々と発売され並んでいます。しかし、片付けられないという理由を分かっている方は少ないでしょう。

では、理由を分析したときに見えてくる物は何でしょうか。合理的に考える、という見地では、片付けられない人の特徴として見えてくる物が幾つかあります。では、どんな特徴なのでしょうか。まずは、片付けられる方の特徴を考えた方が良いのです。彼等は、余計な物を持たないという特徴があります。

その反面、日本人の美徳の1つとして、物を大事にするということがあります。日本語であるにもかかわらず、全世界で通用してしまう「もったいない」という言葉に代表されるのがこの心のあり方です。しかし、この「もったいない精神」が整理整頓を阻んでいるといっても過言では無いのです。必要である物と必要でない物を分類することは、実はとても大変なことです。これを迷い無く分類するためには、心に迷いがあってはなかなか無理なのです。

そういう意味では、整理整頓をする事は心の整理でもあると言えるののです。自分では、心の中が整理出来ていると思っている方がほとんどです。しかも、部屋に置いてある物は全て必要があるものだという認識があるのは事実です。

では、その手元にある物はいつ使う予定ですかと聞けば答えはあやふやになるのが片付けられない方の特徴です。思い出の品だから捨てられない、そういう考え方をしている方が多いのものです。しかし、ここで良く考えて欲しいことがあります。その思い出の品は、年間を通じて何回見ましたかということです。ほとんどの方は、思い出の品と自己認定してから一度も触っていないという物が多いのです。次回いつ見るか分からない、使う予定も無いものを大量に保管する意味は何か自分でも分かっていない場合がほとんどです。ただ一つだけ言えるのは、自己満足だけなのです。

心の整理ができている方は、すでに思い出として自分の心にしっかりと物事をしまい込み管理しています。思い出の品など無くても、いつでもその時に戻れるのです。そんなことから、不必要な物は物として残さないという行動に出ます。だからといって、彼等の心の思い出は変わりませんし消えないのです。ですから、かたづけられない方の特徴として、心の整理ができていないと言えるのです。片付けられないと悩む方は、まずは自分の心を顧みる所から始めましょう。

single