ハイジの整理整頓の術

Heidi Schulz – Get Organized

心の整理と集中力の関係

整理整頓とは、食べたものを片付ける、読んだ本を棚に戻すだけでなく、気持ち(心)を分別することにも繋がります。
人は集中できる時間に限りがあり、勉強ができる頭の良い方は、集中力が高いとも言えます。集中力が高いほど吸収力は高く、同じ時間勉強をしても差が生じるのは、集中力に違いがあるからです。集中力を高めるには、人それぞれですが、乱雑な環境より、静かで穏やかな環境のほうが集中力を高められるので、図書館などの学習室はBGMなどの音を流さず静かな環境になっています。

「服装の乱れは心の乱れ」

学校の生活指導の先生が良く言うセリフにありますが、心が乱れていたら、学習意欲は低下して、気持ちが学校の外に向けられるので、服装をチェックすることで非行を防ぐことができます。
本や食べ物が散らかっている状態では、勉強をするにも効率的ではありません。なぜなら、参考書を探すだけでも時間を要し、その間に集中力は低下します。集中力が低下すれば、同じ時間を勉強しても吸収力や理解力が下がることは言うまでもありません。
英単語をひたすら書いて覚えるより、耳で聞いて、目で見て、実際に口に出す学習法は以前から行われていますが、近年では、身振り手振りだけでなく、視覚・聴覚・嗅覚など五感を使った学習法を取り入れている教育機関が多く注目されています。英会話を覚えるだけなら、日本国内でも習得できますが、わざわざ海外に出かけて勉強をするのは、五感を使って英語に親しむことができるからです。
中には、BGMをかけながら勉強をするほうが、集中力が高まる方もいます。各自で集中力の高め方は異なりますが、一般的には、整理整頓ができた環境の中で勉強することが有効と言われています。
勉強部屋を整理する以上に大切なことは、心を整理整頓することです。不安や悩みを抱えた状態で勉強をしても、不安などで支配されていると、集中力は低下します。不安の原因が、自身にある場合と他者による場合、どちらであっても、一度不安に支配されると、立ち直るには時間が掛かり、時間を掛け過ぎると慢性的な不安になり、やがて鬱など精神的な疾患に陥ります。
生活指導の先生のセリフを換言すると、服装がしっかりしていれば、心の乱れを抑えることができるので、整理整頓は心にも良いといくことになります。
不安の原因は、自身にある場合と他者による場合があり、自身にある場合は不安をコントロールすることも比較的容易です。不安を感じたら、無我夢中で部屋の整理整頓や掃除をして、気を紛らわすのもストレス解消になります。

整理整頓について(なぜ部屋が散らかるのか)

整理整頓について(なぜ部屋が散らかるのか)

部屋が散らかる理由としては、片付ける習慣がその人の身に付いていないということが考えられます。多くの人は何か物を使った後は、元の場所へ片付ける習慣を身に付けています。それによって部屋の中が常に整理整頓されています。片付ける習慣がないと次々と物が部屋の中に点在することになり、元の場所すら忘れることから片付けられなくなってしまいます。対策としては片付ける習慣づけを始めるようにします。また、片付けられない知人がいるなら、ラックや本棚、ケースなどをプレゼントするのも有効です。物の置き場所が定まれば、自然と部屋も整頓されるからです。

使っている掃除機などが使いづらい場合にも、部屋が散らかりやすくなる傾向があります。掃除機の多くは本体が重く、特に女性にとっては扱いづらいものです。しかし最新の掃除機は軽量に作られており、片手で持ち運べる機種も出てきています。部屋が散らかっている知人には、扱いやすい掃除機をプレゼントしてみましょう。きっと掃除を頻繁に行うようになり、きれいな部屋が戻ってくるはずです。

整理整頓すると気持ちがいい

整理整頓すると気持ちがいい

普段の整理整頓を怠ると、散らかってしまってイライラする事はありませんか。ですが未然に対策する事でイライラから解放されます。物が多すぎる場合は、人にプレゼントしてみてはどうでしょうか。例えば幼児にかつて使っていた服やおもちゃをあげたり、テニスなど物を扱うスポーツをする人にラケットをあげるなどです。物にも適材適所があり、使わないのに放置する事は勿体無い上散らかる原因になります。物全てをプレゼントする訳にはいきませんが先程の例のように使いたい人にあげれば、片づけはできるしもらった相手も損をする事がないので一石二鳥だといえます。それで整理整頓ができれば、スペースが広くなります。そうなれば物をより置きやすいですし、管理しやすくなるので無駄遣いが減ります。それにより気分が良くなり、快適に過ごせます。つまり整理整頓すると気持ちが良くなるのです。片づけはどうしても面倒だと思いがちですが、清々しい気持ちになれるので時間がある時にチャレンジしてください。

家庭の整理整頓のコツ

cropped-living.jpg

断捨離という言葉がはやり、すっきりとシンプルに暮らそうと心に決めた人も多いのではないでしょうか。しかし毎日の日常生活を送る中で、物はどうしても増えていってしまいます。中でも人からのプレゼントや頂き物は悩みのたねでしょう。食べ物など消えてなくなるものは問題ありませんが、飾り物など形に残るものを頂いたときには自分の好みで選んだものではないため、どうしても自宅のインテリアとは異なるテイストになってしまいがちでも、せっかく頂いたのだから飾らなければ申し訳ないような気持ちになってしまい、無理をして部屋に置いてしまうこともあるでしょう。そんなときは、割り切りが大切です。プレゼントや頂き物は一度自分のものになってしまえば、贈ってくれた方の気持ちだけありがたくいただいて、写真に取って残しておき、物自体は欲しい人に譲ったり処分することも選択肢に入れましょう。無理に飾ったり保管しておくと整理整頓もできず、ストレスになってしまう場合もあります。

オフィスの整理整頓のコツ

オフィスの整理整頓のコツ

オフィスの整理は、仕事の行い易さに関わるので日頃から整頓する事は大切です。しかし、仕事量の増加に伴い、整理整頓に使える時間は減少します。オフィスでの整理整頓のコツは「不要な物を処分してしまう」「書類は同一の分類でまとめる」の二つです。不用物の処分は、仕事に関わりが薄い物を捨てる事が基本です。プレゼントで貰った要らない物、捨てても仕事に支障がない物等が対象です。同僚や上司からプレゼントされた品は、処分する事に躊躇が発生してしまいます。ところが、プレゼントは年々溜まる物なので、減らす必要性がある整理対象です。

スッキリとしたデスク周りは、仕事に対する集中力を高め、作業効率を高める効果があります。仲間が忙しい場合は、仕事を分担する事も一つの方法ですが、整理整頓を行う方法でも助けられます。プレゼントと称して行う整理整頓は、同僚個人とオフィス全体の両方に効果を発揮します。同僚の机は、掃除を行うだけでも感謝が得られるプレゼントです。また、オフィスの資料整理やゴミ処分は、職場全体の仕事効率を高めるきっかけになります。

整理整頓から始める人生計画

relax

男女問わず、悩みとして挙げられるのが片付けられないということでしょうか。片付けに関する書籍も、近年では書店に次々と発売され並んでいます。しかし、片付けられないという理由を分かっている方は少ないでしょう。

では、理由を分析したときに見えてくる物は何でしょうか。合理的に考える、という見地では、片付けられない人の特徴として見えてくる物が幾つかあります。では、どんな特徴なのでしょうか。まずは、片付けられる方の特徴を考えた方が良いのです。彼等は、余計な物を持たないという特徴があります。

その反面、日本人の美徳の1つとして、物を大事にするということがあります。日本語であるにもかかわらず、全世界で通用してしまう「もったいない」という言葉に代表されるのがこの心のあり方です。しかし、この「もったいない精神」が整理整頓を阻んでいるといっても過言では無いのです。必要である物と必要でない物を分類することは、実はとても大変なことです。これを迷い無く分類するためには、心に迷いがあってはなかなか無理なのです。

そういう意味では、整理整頓をする事は心の整理でもあると言えるののです。自分では、心の中が整理出来ていると思っている方がほとんどです。しかも、部屋に置いてある物は全て必要があるものだという認識があるのは事実です。

では、その手元にある物はいつ使う予定ですかと聞けば答えはあやふやになるのが片付けられない方の特徴です。思い出の品だから捨てられない、そういう考え方をしている方が多いのものです。しかし、ここで良く考えて欲しいことがあります。その思い出の品は、年間を通じて何回見ましたかということです。ほとんどの方は、思い出の品と自己認定してから一度も触っていないという物が多いのです。次回いつ見るか分からない、使う予定も無いものを大量に保管する意味は何か自分でも分かっていない場合がほとんどです。ただ一つだけ言えるのは、自己満足だけなのです。

心の整理ができている方は、すでに思い出として自分の心にしっかりと物事をしまい込み管理しています。思い出の品など無くても、いつでもその時に戻れるのです。そんなことから、不必要な物は物として残さないという行動に出ます。だからといって、彼等の心の思い出は変わりませんし消えないのです。ですから、かたづけられない方の特徴として、心の整理ができていないと言えるのです。片付けられないと悩む方は、まずは自分の心を顧みる所から始めましょう。

ゴミ屋敷問題

trash

今や、ゴミ屋敷は日本の至る所にある。一軒の家にこれでもかと押し込まれたゴミの山、溢れ出てくるゴミの山、道を塞ぐゴミの山…近隣の住人にとっては害以外の何物でもないが、中の住人はというとそうではないのだという。非常に迷惑なことだが。

この前、ニュースでゴミ屋敷の住人に取材を行い、掃除を手伝うといった内容を放送しており、その際非常に不愉快に思ったことも記憶に新しい。ゴミ屋敷の住人を動物園のマスコットか何かのように扱い、掃除を嫌がる様子を面白おかしく報道する様子が、割と深刻なゴミ屋敷問題そのものを笑いごとにしている気がしたのだ。

ゴミ屋敷の住人は、ゴミを何となく拾って持ってきてしまう場合が多い。まだ使えるからとか、もったいないからといったわりかしまともな理由であったり、空き缶のキラキラしたのが好きだという少し理解に苦しむ理由もあるが、いずれにせよその根底にあるのは、何となくという曖昧な考えである。それは医学的観点だと強迫性障害や収集癖という、人の精神の疾患が根底にあるとされているが…自分はどうもそれだけには思えない。

身の回りに片付けられない人がいるとする。もしかするとそれは上記したような精神疾患と、一緒の病気でもあるかもしれない。その人達とゴミ屋敷の住人の決定的な違いは、歯止めが効くか効かないかだ。言い方が悪いかも知れないが、ただの片付けられない人は自分の家族には迷惑をかけているが、他所様の土地にゴミを散らかすまでの真似はしない。いや、出来ない。ゴミ屋敷の住人はというと、地方の自治体やテレビのお世話になるまでそれに気付かない。おそらく、近隣からの苦情は来ていただろうが、気付かなかったという可能性はあるだろう。ゴミ屋敷の住人は他人に極端に興味が無いのかもしれない。あるいは人への興味が物へと向かい、家をゴミ屋敷たらしめているのかもしれない。

リサイクルやリユースの問題もある。彼らの家は言ってしまえば宝の山。再利用が可能な資源がホコリとゴミをかぶって埋もれているのだ。ゴミ屋敷の住人は自らの城とも言えるゴミ屋敷に、他者が介入するのを良しとしない。だが、彼らには資源の再利用という考えが無い。ゴミはゴミのままで宝だと思っている。資源を欲する立場の人間からしたら、なんとも歯がゆい話だろう。

ゴミ屋敷を作ろうとする行為は周りに迷惑を掛ける行為なので、許されるべきではない。度の過ぎる収集癖に後少しブレーキをかけることが出来れば、その問題は少しでも改善するかもしれないのだから。

古希祝いのプレゼントでよろこばれるものとは

還暦プレゼントでよろこばれるものとは

古希祝いで喜ばれるプレゼントの定番ですが、紫色のちゃんちゃんこであったり旅行券、健康グッズや商品券、花束や食事券などがあります。定番のものではなく、少し変わったプレゼントを古希のお祝いとして贈りたいと思っているのであれば、縁起物であったり、髭剃り、ブックカバーや温泉旅行、マッサージ機などがあげられます。また、普段使えるものを贈りたいのであれば、めがねケースや湯のみや財布、腕時計などがあります。お酒好きの人に贈るのであれば、地酒やワイングラス、ワインや冷酒セット、高級ブランデーなどがあります。同じ時計であっても、ロレックスの時計やロレックスのプラチナ時計、ツインクオ-ツ2眼時計などもあります。趣味のある人であれば、釣竿や画材セットやテニス用品なども喜ばれます。日用品を贈りたいという場合には、寝具一式であったり、ブランドの小銭いれやウォーキングシューズなどもあります。どれもとても喜ばれるものです。

index